COMPANY:

Japanese agricultural machinery manufacturing company

A science woman majoring in electrical engineering. The theme of her graduation research was "counter brakes", and she created a mechanism to prevent accidents due to brake failure in cars. It works in conjunction with the vehicle's brakes and acceleration sensor, and when a brake failure is detected, it can display a warning signal to the driver, control the vehicle speed, and finally stop the vehicle. After graduating, she has worked on an internship at an IT company in parallel with studying Japanese and developed applications and websites. Her strength lies in her knowledge of both electrical engineering and IT.

Profile

COUNTRY / REGION

India
SEX
Female
UNIVERSITY
Visvesvaraya Technological University
SPECIALIZATION
Electronics and Communication Engineering
ACADEMIC LEVEL
Bachelor

MESSAGE

Since childhood, I had a dream of working abroad and being an independent woman. I am one who was interested in science and Arts from my school days which made me participate in science exhibitions, explore things and participate in cultural events too.
I got influenced by japan and Japanese things through my cousin from then I started watching dramas and listening to Japanese music, made Japanese friends, and started conversing in Japanese which helped in clearing N3 within the span of one year. The things I liked about japan are the technology and quality of products Japan produces are the best and unique compared to other countries in the world. Since I like innovations I feel Japan is the best. Everything was going well but due to corona, my dream collapsed into pieces. But I did not lose hope, started working hard and exploring the internet but getting an opportunity due to corona was very difficult. I literally started losing hope and applied for a Japanese company in India at least to gain experience in Japanese work culture and simultaneously I was exploring websites for opportunities. One day I came across ASIA to JAPAN on the internet and registered. I waited for a few months since my profile was not getting selected. But one fine day ASIA to JAPAN gave me a ray of hope for my giving opportunity for an interview. Due to ASIA to JAPAN’s constant support and mentoring sessions, I cleared my Interview on the first attempt itself. Some of my friends and relatives started laughing at my failures but ASIA to JAPAN helped me in proving them wrong.
Many of my friends also got job opportunities from Asia to japan they also supported me constantly for not losing hope. ASIA to JAPAN has given me new life, The ray of hope to my dreams, made me closer to achieving my goals.
Thank you for this opportunity ASIA to JAPAN I will be eternally greatful to you.

FINAL YEAR PROJECT

1.研究題名:カウンターブレーキ(ブレーキ故障の検出による衝突回避)
2.研究の目的 :
私たちはあまり考えないかもしれませんが車のブレーキに大きな信頼を寄せています。ブレーキは事故に対する最初の防衛線です.ブレーキの故障による事故も発生しているので ブレーキ故障による事故を防ぐために、このプロジェクトを行いました.
3.過程 :
プロジェクトには 2 つのパートがあります。ブレーキの故障を検知するものもう一つは、車両の速度を制御することです。インターネットでいろいろ調べてみると、ブレーキペダルの角度を測定するには、加速度計が最適であることがわかりました。加速度センサは、コストに敏感なアプリケーションや傾きを感知するアプリケーションに広く使用されています。ADXL 335 は、X、Y、Z 軸測定用の 3 つのアナログ出力、2 つの電源ピン、セルフテストピンを備えています。しかし、今回のアプリケーションでは、一方向のみの検出が必要なため、1 軸(x 軸)のみを使用します。これはブレーキをかけたときのブレーキペダルの角度を測定します。ブレーキペダルの角度を変えると、アクセルメーターの角度も変わります加速度計がブレーキペダルの角度を感知して計測し、一定の限界を超えた場合にブレーキの故障を検知します。電気自動車の速度を制御するために、BLDC モーターの速度を制御します.しかし、今回のデモでは、速度制御にギヤード DC モーターを使用して速度を制御します。
加速度計が 1.54V を超えるとすぐに、これはブレーキの故障が検出されたときです。その信号は STM マイクロコントローラーに送られ、モータードライバーの助けを借りて、ギヤード DC モーターの速度を制御します。ギヤード DC モーターの速度が制御され、電気自動車の速度も制御されます。
4.結果 :
加速度計をブレーキペダルの下に置く、これはブレーキをかけたときのブレーキペダルの角度を測定します。ブレーキペダルの角度(かくど)を変えると、アクセルメーターの角度も変わります. ブレーキの故障を検出するために 3 つの値を設定していますが、それらは1.45v,1.48v とか 1.54v ですブレーキをかけたときアクセルメーター1.45v になりますこれはブレーキが効き始める最小値ですアクセルメーターが1.48を超えてもブレーキがかからない場合液晶ディスプレイにブレーキフルードの点検を促す警告が表示されます。1.54v を超えると、ブレーキフルードが故障したと判断し、モータードライバーに制御シグナルを送信します。モータドライバがマイクロコントローラからのシグナルを検出すると PWM 電圧が 0Vになり、DC モーターに 0V が送られます。したがって、モーターが停止すると、車も停止します。
5.振り返り :
電気自動車の速度を制御する目的で、BLDCモーターの速度を制御します。BLDCモーターでは、電源に非常に大きな動作電圧が必要となるため、使用する BLDCモーターの種類や電圧の違いによってモータードライバーを使い分ける必要があると思います。しかし、このプロジェクトでは、デモンストレーションのために、ギヤード DC モーターを使用していました。

PR VIDEO

Read More

Indonesia
Mechanical Engineering
University of Indonesia
India
Mechanical Engineering
Pillai College of Engineering (Mumbai University)
China
Electronics and Communication Engineering
Huazhong University of Science and Technology
China
Management (Marketing branch)
University of Bristol